予備校のメリット・デメリット

公務員試験の対策ガイドRANKING

予備校はカリキュラム通りに勉強を進められるなどのメリットがある反面、いくつかのデメリットも存在します。

公務員試験TOP > 予備校

予備校で公務員試験対策

公務員試験の学習は独学でもできますが、難易度が高い試験になるほど自宅学習のみで合格するのは困難となります。

特に公務員試験は昨今の不況の影響を受けて倍率が跳ね上がっているため、受験者の多くは予備校や専門学校に通い、専門的な指導を受けています。

ただ、予備校にはたくさんのメリットがある反面、いくつかのデメリットも存在するため、よく考えて慎重に検討することをおすすめします。

ここでは、予備校のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

予備校のメリット

予備校のメリットは、あらかじめ決められたカリキュラムに則り、計画的に学習を進められるところです。

独学の場合、学習期間が長引くものほど計画的に進めることが難しく、また、モチベーションの維持も困難となります。

その点、予備校では該当試験の日程に合わせてカリキュラムが組まれており、試験日まで無駄のない学習を進めることができます。

また、疑問点はその場で講師に質問することができるため、学習内容でつまずきにくい点もメリットとして挙げられます。

他にも、同じ公務員試験合格を目指す仲間と励まし合いながら勉強できること。予備校の自習室を自由に利用できるなど、さまざまなメリットが満載となっています。

予備校のデメリット

予備校のデメリットは、独学に比べて多額のお金がかかることです。

実際にかかる費用は予備校や試験科目によって異なりますが、およそ30~40万程度かかるため、ある程度まとまった資金が必要となります。

また、カリキュラム通りに勉強を進められる反面、自分が苦手な部分だけを重点的に学習できないなど、自由度が低いという点もデメリットとして挙げられます。

他にも、講師の当たり外れがあるなど、予備校の質に不満を感じる声も上がっているため、予備校を利用する際は入念に下調べを行った方がよいでしょう。

LEC【東京リーガルマインド】

資格取得のための最新情報が満載。各種資格取得、公務員を目指すならこちら!
www.lec-jp.com/

資格の大原

目指す公務員に合わせ、コース選択が出来るようにたくさんのコースをご用意!
www.o-hara.ac.jp

TAC

TACが提供する国家公務員コース。各校にて無料相談会実施中。
www.tac-school.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 公務員試験の対策ガイド※予備校や参考書ならコレ! All Rights Reserved.