司書、司書補

公務員試験の対策ガイドRANKING

司書、司書補は、公共図書館において図書資料の選択や分類、貸出業務などの業務に携わる職業です。

公務員試験TOP > 司書と司書補

司書、司書補

司書、司書補は、各都道府県や市町村の公共図書館においてさまざまな図書業務を行う職業です。

司書は図書館資料の選択や発注、受け入れをはじめ、図書の分類目録の作成などの業務を行います。

また、図書館を利用する人に対し、貸出業務や読書案内を行うのも司書の役目です。

司書補はそんな司書の職務を補助する役割を担っており、司書・司書補の両者が図書館業務全般を引き受けています。

司書、司書補になるには国家資格の取得が必要ですが、実際に司書、司書補として図書館等で働くためには、資格取得後、各自治体の採用試験を受験する必要があります。

司書、司書補の給与

司書、司書補の給与は雇用形態によって大きな差があるため、一概にいくらと言うことはできません。

特に近年は契約社員や派遣社員、パートとして雇用されるケースが多く、給与が時給制で支払われる場合も多くあります。

実際の時給・日給は図書館や地域によって異なりますが、時給は高いところで1000円前後。日給は6500円~8000円程度が目安となっています。

月給の場合は15万円弱ほどですが、大学図書館の司書として採用された場合、月給18万円程度になることもあります。

司書、司書補の講習概要(平成24年度)

受験資格

司書、司書補の受験資格は各自治体によって異なりますが、司書および司書補の資格取得は最低条件となります。

ここでは司書、司書補の資格取得条件を掲載します。

司書 以下いずれかの方法で取得可能
1.大学(短大含む)または高等専門学校卒業生が司書講習を修了する
.2大学(短大含む)で司書資格取得に必要な科目を履修し、卒業する
3.3年以上司書補としての勤務経験を有する者が司書講習を修了する
司書補 以下いずれかの方法で取得可能
1.司書の資格を有する
2.高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者または高等専門学校大三学年を修了した者で司書補の講習を修了する

司書講習の受講条件

司書 以下いずれかに該当する者
1.大学に2年以上在学(短大卒業者含む)し、62単位以上を修得または高等専門学校を卒業している者
.2.2年以上司書補(国立国会図書館または大学もしくは高等専門学校の附属図書館の職員で司書補に相当するものも含む)として勤務した経験のある者
司書補 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者または高等専門学校大三学年を修了した者

講習日程

毎年7~9月に司書講習または司書補の講習を実施

講習内容

司書 必須科目 選択科目
生涯学習概論、図書館概論、図書館経営論、図書館サービス論、情報サービス概説、レファレンスサービス演習、情報検索演習、図書館資料論、専門誌両論、資料組織概説、資料組織演習、児童サービス論 図書及び図書館史、資料特論、コミュニケーション論、情報機器論、図書館特論
※2科目2単位以上選択
司書補 生涯学習概論、図書館の基礎、図書館サービスの基礎、レファレンスサービス、レファレンス資料の課題、情報検索サービス、図書館の資料、資料の整理、資料の整理演習、児童サービスの基礎、図書館特論
-

試験場所

文部科学省大臣が委嘱する各講習実施大学にて実施

合格倍率

講習を受ければ取得可能

LEC【東京リーガルマインド】

資格取得のための最新情報が満載。各種資格取得、公務員を目指すならこちら!
www.lec-jp.com/

資格の大原

目指す公務員に合わせ、コース選択が出来るようにたくさんのコースをご用意!
www.o-hara.ac.jp

TAC

TACが提供する国家公務員コース。各校にて無料相談会実施中。
www.tac-school.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 公務員試験の対策ガイド※予備校や参考書ならコレ! All Rights Reserved.