農林水産省・畜産系技術職員

公務員試験の対策ガイドRANKING

農林水産省・畜産系技術職員は、動物検疫や畜産物の輸出入検査を主な業務とする公務員です。

公務員試験TOP > 農林水産省・畜産系技術職員

農林水産省・畜産系技術職員

農林水産省・畜産系技術職員は、主に動物検疫所での業務に従事する公務員です。

動物検疫所では、牛や豚、やぎ、ヒツジなどさまざまな動物に対する検疫と、それらの動物から作られる肉製品などの畜産物に対する輸出入検査を実施しています。

動物検疫では、犬や猫、サルなどから感染する狂犬病やレプトスピラ症、エボラ出血熱、マールブルグ病などの日本への侵入を防ぐことを目的としており、輸入時に入念な検査を行っています。

勤務先は動物検疫所がメインですが、家畜化医療センターなどに配属される場合もあります。

農林水産省・畜産系技術職員の給与

農林水産省・畜産系技術職員の初任給は、行政職の場合、月額約17万円となっています。

実際には勤務先や条件に応じて各種手当てが支給される仕組みになっており、東京都特別区など特定の地域に配属された場合は地域手当が加算されます。

他にも、扶養親族のある者には扶養手当を。借家住まいの者には住居手当を。交通機関を利用している者には通勤手当が支給され、それぞれ基本給に上乗せされます。

また、ボーナスとして俸給の約3.95月分の期末手当・勤勉手当も1年間に支給されます。

農林水産省・畜産系技術職員の試験概要(平成24年度)

受験資格

受験資格

1.試験が実施される年の4月1日時点で21歳以上33歳未満の者
2.試験が実施される年の4月1日時点で21歳未満の者で、以下いずれかに該当する者
①大学を卒業した者および翌年3月までに大学を卒業する見込みのある者
②畜産に関する課程を有する短期大学を卒業した者および翌年3月までに当該短期大学を卒業する見込みのある者

試験日程

受付期間
4月18日(月)~5月13日(金)
※特定記録郵便で送付
一次試験
6月19日(日)
二次試験
8月下旬

試験内容

  試験種目 試験方式 制限時間 内容
一次試験
教養試験
多肢選択式
150分
必須・・・文章理解、判断・数的推理、数的推理、資料解釈
選択(20題)・・・自然、人文、社会
専門試験
記述式
60分
畜産に関する領域
専門試験
多肢選択式
180分
畜産学概論、畜産学各論、家畜育種学、家畜生理学、家畜繁殖学、家畜飼養管理学、家畜衛生学、草地学
二次試験
人物試験
個別面接
-
人柄・対人的能力

試験場所

一次試験 二次試験
盛岡市、東京都、岡山市
農林水産省講堂

合格倍率

年度 申込者数 一次試験合格者数 最終合格者数 合格倍率
平成22年度
140人
非公開
29人
4.8倍
LEC【東京リーガルマインド】

資格取得のための最新情報が満載。各種資格取得、公務員を目指すならこちら!
www.lec-jp.com/

資格の大原

目指す公務員に合わせ、コース選択が出来るようにたくさんのコースをご用意!
www.o-hara.ac.jp

TAC

TACが提供する国家公務員コース。各校にて無料相談会実施中。
www.tac-school.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 公務員試験の対策ガイド※予備校や参考書ならコレ! All Rights Reserved.