厚生労働省・獣医系技術職員

公務員試験の対策ガイドRANKING

厚生労働省・獣医系技術職員は、食品安全対策や感染症対策において施策の企画や立案などを行う公務員です。

公務員試験TOP > 厚生労働省・獣医系技術職員

厚生労働省・獣医系技術職員

厚生労働省・獣医系技術職員は、食品安全行政等の業務に従事する公務員です。

食品安全対策や感染症対策などの分野における中心的な役割を担っており、施策の企画や立案などの業務に携わっています。

また、検疫所に配置された場合は、食品衛生監視員または検疫官となり、港湾や空港などにおいて輸入食品の検査・検疫業務に従事することとなります。

他にも、地方厚生局で食品衛生法等の許認可、監視・監査業務などを行うほか、JICA(国際協力機構)やWHO(世界保健機関)などの国際機関に対し、食品衛生行政の専門家として派遣されることもあります。

厚生労働省・獣医系技術職員の給与

厚生労働省・獣医系技術職員は職務によってわずかに異なりますが、行政職・専門行政職ともに初任給は約20万円となっています。

また、勤務先によっては地域手当が支給されたり、扶養家族がある場合は扶養手当が加算されたりします。

他にも、借家住まいの方を対象とした住居手当や、通勤にかかる費用を補助する通勤手当など、各種手当制度が充実しています。

さらに、1年間の俸給に応じて期末手当や勤勉手当も定められた時期に支給されます。

厚生労働省・獣医系技術職員の試験概要(平成42年度)

受験資格

受験資格

試験が実施される年の4月1日時点で30歳未満の者で、獣医師国家試験に合格している者、または試験が実施される年の翌年3月31日までに獣医師国家試験の受験資格を有する見込みのある者

試験日程

受付期間
4月18日(月)~5月9日(月)
※特定記録郵便で送付
一次試験
5月22日(日)
二次試験
6月12日(日)
三次試験
7月下旬

試験内容

  試験種目 試験方式 制限時間 内容
一次試験
専門試験
多肢選択式
180分
獣医公衆衛生学、獣医伝染病学、獣医薬理学、実験動物学、毒性学、獣医寄生虫学、獣医微生物学、獣医生理学、獣医生理化学、獣医解剖学、獣医病理学、獣医内科学
専門試験
記述式
120分
獣医公衆衛生学、獣医伝染病学、獣医薬理学、実験動物学、毒性学、獣医寄生虫学、獣医微生物学、獣医生理学、獣医生理化学、獣医解剖学、獣医病理学、獣医内科学
二次試験
教養試験
多肢選択式
180分
必須・・・時事、文章理解、判断・数的推理、資料解釈
選択(20題)・・・自然、人文、社会
総合試験
記述式
120分
総合的な判断力、思考力
三次試験
人物試験
個別面接
15分程度
人柄・対人的能力

試験場所

一次試験 二次試験 三次試験
厚生労働省
厚生労働省
厚生労働省

合格倍率

年度 申込者数 一次試験合格者数 最終合格者数 合格倍率
平成23年度
16人
13人
3人
5.3倍
LEC【東京リーガルマインド】

資格取得のための最新情報が満載。各種資格取得、公務員を目指すならこちら!
www.lec-jp.com/

資格の大原

目指す公務員に合わせ、コース選択が出来るようにたくさんのコースをご用意!
www.o-hara.ac.jp

TAC

TACが提供する国家公務員コース。各校にて無料相談会実施中。
www.tac-school.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 公務員試験の対策ガイド※予備校や参考書ならコレ! All Rights Reserved.