参議院事務局職員・一般職(高卒)

公務員試験の対策ガイドRANKING

参議院事務局職員・一般職(高卒)は、総務部門の一般事務をはじめとする業務に従事する公務員です。

公務員試験TOP > 参議院事務局職員・一般職(高卒)

参議院事務局職員・一般職(高卒)

参議院事務局職員・一般職(高卒)は、参議院の活動を多方面からサポートする公務員です。

主な業務は会議運営部門、調査部門、総務部門の3種から成り立っており、会議の円滑な運営や、政策立案を支援する調査業務などを行います。

参議院事務局職員・一般職(高卒)では、原則的に総務部門に配属され、参議院の国際交流など、多角的に院の活動を補佐することになります。

ただ、必要な素養を身につけて能力を養うという観点から、経験を積んだ後はさまざまな部署に異動することになります。

参議院事務局職員・一般職(高卒)の給与

参議院事務局職員・一般職(高卒)の給与は、衆議院事務局職員同様、一般の政府職員の例に準じて支給されます。

実際の月給は高卒・短大卒によって異なり、高卒の場合の初任給は約16.5万円。短大卒の場合は約17.5万円となります。

ただ、これは東京都特別区内など、地域手当が支給される地域での月給で、地域手当が支給されない場所に配属された場合は若干下がります。

また、家族や通勤方法などによって各種手当が支給され、基本給に上乗せされます。

参議院事務局職員・一般職(高卒)の試験概要(平成24年度)

受験資格

受験資格 平成3年4月2日~平成7年4月1日生まれの者

試験日程

受付期間
8月6日(月)~8月31日(金)
※郵送・持参のみ
一次試験
9月15日(土)
二次試験
10月11日(木)~10月12日(金)のうちいずれか指定する日

試験内容

  試験種目 試験方式 制限時間 内容
一次試験
基礎能力試験
多肢選択式
90分
一般的知識・知能
一般常識試験
短文記述式
60分
一般常識
作文試験
記述式
60分
作文問題
事務適性検査
-
15分
適性検査
二次試験
人物試験
個別面接
-
人柄・対人的能力

試験場所

一次試験 二次試験
東京都、京都
衆議院事務局

合格倍率

年度 申込者数 一次試験合格者数 最終合格者数 合格倍率
平成23年度
815人
非公開
6人
135.8倍
LEC【東京リーガルマインド】

資格取得のための最新情報が満載。各種資格取得、公務員を目指すならこちら!
www.lec-jp.com/

資格の大原

目指す公務員に合わせ、コース選択が出来るようにたくさんのコースをご用意!
www.o-hara.ac.jp

TAC

TACが提供する国家公務員コース。各校にて無料相談会実施中。
www.tac-school.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 公務員試験の対策ガイド※予備校や参考書ならコレ! All Rights Reserved.