県職員・市役所職員

公務員試験の対策ガイドRANKING

県職員・市役所職員は、地方自治体や市町村の職員として地域のさまざまな業務を行う地方公務員です。

公務員試験TOP > 県職員・市役所職員

県職員・市役所職員

県職員・市役所職員は、地元地域に密着したさまざまな職務に従事する地方公務員です。

採用後は地方自治体の都道府県職員や市町村の市役所職員、町役場職員、村役場職員として配属され、地域住民のために職務に従事することになります。

また、各地方自治体によっては保育士や栄養士、看護師、幼稚園教諭、臨床検査技師、理学療法士などの資格や免許取得者を対象とした公立保育園、学校、病院への採用試験も実施しています。

ちなみに、採用試験の受験資格や試験内容、試験地は各都道府県、各市町村ごとに異なるため、受験申込の際は注意が必要です。

県職員・市役所職員の給与

県職員・市役所職員の給与は採用試験同様、各都道府県や各市町村ごとに異なります。

平成23年度の全地方公共団体における職種別平均給与月額によると、一般行政職の平均給料月額は約33万円。技能労務職は約31万円となっています。

なお、各種手当を含んだ平均給与月額は一般行政職で約42万円。技能労務職で約38万円とそれぞれ8~9万円ほどアップしており、好待遇であることが伺えます。

県職員・市役所職員の試験概要

県職員・市役所職員の試験概要は各都道府県・各市町村で異なります。

ここでは一例として、東京都の1類A採用試験の試験概要を掲載します。

受験資格

受験資格 昭和56年4月2日~平成元年4月1日生まれの人

試験日程

受付期間
インターネット・・・4月2日(月)午前10:00~5月18日(金)午前10:00
郵送(簡易書留)・・・4月2日(月)~5月17日(木)(消印有効)
持参・・・5月21日(月)午前9:30~午後6:00
一次試験
6月10日(日)
二次試験
7月27日(金)~29日(日)までの間で指定する一日
三次試験
8月16日(木)・18日(土)の日程のうち、指定する一日

試験区分

事務、土木、建築、機械、電気のいずれか1つを選択して受験

試験内容

  試験種目 試験方式 制限時間 内容
一次試験
教養試験
多肢選択式
120分
一般教養
専門試験
記述式
150分
事務・・・公報、民事法、経済原論、財政学、公共政策
土木・・・構造力学、水理学、土質工学、土木材料、測量、都市・土木計画、交通・道路工学、衛生工学、橋梁工学、河川海岸工学、港湾工学、土木施工、技術情勢
建築・・・建築史、都市計画、建築計画、建築環境工学、建築設備、構造力学、建築構造、建築材料、建築施工、建築法規、技術情勢
機械・・・物理、材料力学、熱力学、熱機関、流体力学、流体機械、機械工作、機械材料、計測・制御、管理工学、技術情勢
電気・・・数学、電気磁気学、電気回路、電気機器、電子回路、発送配電、計測・制御、情報・通信、電気応用、電気法規、技術情勢
論文
課題式
90分
与えられた課題に対する論文
二次試験
口述試験
個別面接
-
職務に関連する専門知識および人物評価
三次試験
口述試験
個別面接
-
人物評価

試験場所

一次試験 二次試験 三次試験
東京都内
東京都内
東京都内

合格倍率(平成23年度)

試験区分 申込者数 最終合格者数 合格倍率
事務
1390人
81人
17.2倍
土木
289人
71人
4.1倍
建築
145人
19人
7.6倍
機械
74人
11人
6.7倍
電気
105人
10人
10.5倍
LEC【東京リーガルマインド】

資格取得のための最新情報が満載。各種資格取得、公務員を目指すならこちら!
www.lec-jp.com/

資格の大原

目指す公務員に合わせ、コース選択が出来るようにたくさんのコースをご用意!
www.o-hara.ac.jp

TAC

TACが提供する国家公務員コース。各校にて無料相談会実施中。
www.tac-school.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 公務員試験の対策ガイド※予備校や参考書ならコレ! All Rights Reserved.