衆議院事務局職員・一般職(大卒)

公務員試験の対策ガイドRANKING

衆議院事務局職員・一般職(大卒)は、衆議院の運営・調査事務・一般事務などを主な業務とする公務員です。

公務員試験TOP > 衆議院事務局職員・一般職(大卒)

衆議院事務局職員・一般職(大卒)

衆議院事務局職員・一般職(大卒)は、衆議院の事務を処理するために設置されている衆議院事務局で働く公務員です。

国会の立法活動を補佐する職員として、衆議院会議の運営の円滑化や調査事務、一般事務などに従事することになります。

衆議院事務局職員は総合職もありますが、一般職の立場は中級係員となります。

そのため、総合職に比べると給与は若干下がりますが、諸手当も充実しているため、競争率は高い傾向にあります。

衆議院事務局職員・一般職(大卒)の給与

衆議院事務局職員・一般職(大卒)の給与は職種によって異なります。

東京都特別区内に勤務する行政職員の場合、初任給は約20万3000円ほどです。

一方、同区内に勤務する研究職員は約20万8000円で、ほぼ大差のない給与となります。

これらに扶養手当や住居手当、通勤手当などを加算した分が毎月給与として支給されるほか、1年間に俸給の3.95ヶ月分にあたるボーナスが支払われます。

衆議院事務局職員・一般職(大卒)の試験概要(平成24年度)

受験資格

受験資格 1.昭和57年4月2日~平成3年4月1日生まれの者
2.平成3年4月2日以降生まれた者で以下に該当する者
①大学を卒業した者および翌年3月までに大学を卒業する見込みのある者
②衆議院事務局が①に掲げる者と同等の資格をもつと認める者

試験日程

受付期間
4月2日(月)~4月12日(木)
※特定記録郵便による郵送または持参のみ
一次試験
5月12日(土)
二次試験
6月3日(日)
三次試験
7月4日(水)~7月13日(金)のうち指定する日
※ただし、国会情勢によって変更の可能性あり

試験内容

  試験種目 試験方式 制限時間 内容
一次試験
基礎能力試験
多肢選択式
120分
一般教養
専門試験
多肢選択式
120分
憲法、行政法、民法、刑法、政治学、行政学、経済学、財政学、社会政策、国際関係、英語
二次試験
論文試験
記述式
120分
1.憲法
2.行政法、民法、経済学または政治学からいずれか1科目を選択
三次試験
集団討論試験
グループ討議
180分
グループによる集団討論
個別面接試験
面接
-
人物評価

試験場所

一次試験 二次試験 三次試験
東京大学教養学部校舎
東京大学教養学部校舎
衆議院事務局

合格倍率(衆議院事務局職員二種)

年度 申込者数 一次試験合格者数 二次試験合格者数 最終合格者数 合格倍率
平成23年度
1242人
278人
104人
24人
51.8倍
LEC【東京リーガルマインド】

資格取得のための最新情報が満載。各種資格取得、公務員を目指すならこちら!
www.lec-jp.com/

資格の大原

目指す公務員に合わせ、コース選択が出来るようにたくさんのコースをご用意!
www.o-hara.ac.jp

TAC

TACが提供する国家公務員コース。各校にて無料相談会実施中。
www.tac-school.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 公務員試験の対策ガイド※予備校や参考書ならコレ! All Rights Reserved.