裁判所事務官・一般職(大卒)

公務員試験の対策ガイドRANKING

裁判所事務官・一般職(大卒)は、高等裁判所などで各種裁判事務や司法行政事務を行う公務員です。

公務員試験TOP > 裁判所事務官・一般職(大卒)

裁判所事務官・一般職(大卒)

裁判所事務官・一般職(大卒)は、各種裁判事務や司法行政事務全般を処理する公務員です。

業務内容は配置先によって異なり、裁判部では裁判所書記官のもとで各種裁判事務を執り行い、事務局では総務課、人事課、会計課、資料課などにおいて司法行政事務に携わります。

勤務地は、個々の勤務希望地や成績などを考慮した上で、欠員のある各高等裁判所管内の裁判所のいずれかに配置されます。

位置付けは裁判所事務官・総合職よりやや下となりますが、能力と勤務成績次第では総合職と同様の異動が行われることもあります。

裁判所事務官・一般職(大卒)の給与

裁判所事務官・一般職(大卒)の給与は、採用後の職務や経験、勤務地などによって異なります。

新規卒業者が東京都特別区内に配置された場合、初任給は約20万円となり、総合職に比べると若干下がります。

ただ、超過勤務手当をはじめ、扶養手当や住居手当、通勤手当などが支給される待遇は変わらず、ボーナスも3.95月分支給されるため、民間企業に比べると好待遇と言えます。

裁判所事務官・一般職(大卒)の試験概要(平成24年度)

受験資格

受験資格

1.試験を実施する年の4月1日時点で21歳以上30歳未満の者
2.試験を実施する年の4月1日時点で21歳未満かつ以下いずれかに該当する者
①大学を卒業した者および翌年3月までに大学を卒業する見込みのある者
②短期大学または高等専門学校を卒業した者および試験を実施する年の3月までに短期大学または高等学校を卒業する見込みの者ならびに最高裁がこれらの者と同等の資格があると認める者

試験日程

受付期間
4月2日(金)~4月16日(月)
※特定記録郵便による郵送または持参のみ
一次試験
6月3日(日)
二次試験
筆記試験・・・6月3日(日)※一次試験時に実施
人物試験・・・6月25日(月)~7月20日(金)

試験内容

  試験種目 試験方式 制限時間 内容
一次試験
基礎能力試験
多肢選択式
180分
知能・知識分野
専門試験
多肢選択式
90分
必須・・・憲法、民法
選択・・・刑法または経済理論
二次試験
論文試験
小論文
60分
文章による表現力、課題に関する理解力。
専門試験
記述式
60分
憲法
人物試験
面接
-
人柄・対人的能力

試験場所

  一次試験 二次試験
東京高等裁判所の管轄地域
東京都、横浜市、さいたま市、千葉市、静岡市、新潟市
一次試験と同じ
大阪高等裁判所の管轄地域
大阪市、京都市、神戸市
名古屋高等裁判所の管轄地域
名古屋市、金沢市
広島高等裁判所の管轄地域
広島市、山口市、岡山市、松江市
福岡高等裁判所の管轄地域
福岡市、熊本市、鹿児島市、那覇市
仙台高等裁判所の管轄地域
仙台市、福島市、盛岡市
札幌高等裁判所の管轄地域
札幌市、釧路市
高松高等裁判所の管轄地域
高松市、松山市

合格倍率(裁判所事務官二種)

年度 申込者数 一次試験合格者数 最終合格者数 合格倍率
平成23年度
18858人
3080人
1036人
18.2倍
LEC【東京リーガルマインド】

資格取得のための最新情報が満載。各種資格取得、公務員を目指すならこちら!
www.lec-jp.com/

資格の大原

目指す公務員に合わせ、コース選択が出来るようにたくさんのコースをご用意!
www.o-hara.ac.jp

TAC

TACが提供する国家公務員コース。各校にて無料相談会実施中。
www.tac-school.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 公務員試験の対策ガイド※予備校や参考書ならコレ! All Rights Reserved.