学芸員

公務員試験の対策ガイドRANKING

学芸員は、各種博物館や美術館、科学館などで資料の収集・保管、展示、調査研究などを行う職業です。

公務員試験TOP > 学芸員

学芸員

学芸員は、博物館における専門的職員として、研究・調査などの業務に従事する職業です。

ここで言う博物館とは、歴史、芸術、民族、産業、自然科学等に関する資料を扱う機関のことで、博物館と名の付かない美術館や科学館、動物園、植物園等も博物館に含まれます。

学芸員は、これら博物館内において、博物館資料の収集や保管、展示および調査研究することを主な業務としています。

学芸員として働くためには、国家資格である学芸員の資格を取得後、各博物館が実施している採用試験を受験し、合格する必要があります。

なお、学芸員資格の取得方法には、試験によって資格を取得する『試験認定』と、論文などの審査によって博物館に関する学識および業績があると認められることによって資格を取得する『無試験認定』の2種類があります。

学芸員の給与

学芸員の給与は採用された博物館によって異なります。

実際の給与は地域性にも左右されますが、私立博物館の場合、月給は15~20万円程度となっており、年収にすると250~400万円が目安となっています。

一方、公立博物館に採用された場合は、各自治体の給与体系に基づいて給与が支給されるため、若干高めになります。

ただ、学芸員は正規の募集が少なく、1つの博物館に設置している学芸員の数も少ないことから、実際に学芸員として勤務するのはなかなか難しいと言えるでしょう。

学芸員の試験概要(平成24年度)

受験資格

試験認定 以下いずれかに該当する者
1.学士の学位を有する者
2.大学に2年以上在学し、62単位以上を取得した者で、3年以上学芸員補の職(学芸員補の職に相当する職又はこれと同等以上の職として文部科学大臣が指定するものを含む)にあった者
3.教育職員の普通免許状を有し、3年以上教育職員の職にあった者
4.5年以上学芸員補の職にあった者
5.その他文部科学大臣が1、2、3に掲げる者と同等以上の資格を有すると認める者
無試験認定 以下いずれかに該当する者は、学芸員となる資格を有する者と同等以上の学力および経験を有しているかの審査を行い、審査に合格した者に学芸員となる資格を認定する
1.学位規則による修士もしくは博士の学位または専門職学位を有する者
2.大学において博物館に関する科目に関し2年以上教授、准教授または講師の職にあった者
3. 10年以上学芸員補の職にあった者で都道府県の教育委員会の推薦する者
4.その他文部科学大臣が1、2、3に掲げる者と同等以上の資格を有すると認めた者

試験日程

受付期間
6月6日(月)~8月5日(金)
※特定記録郵便で送付
「試験認定」試験実施日
11月21日(月)・11月22日(火)

試験内容

必須科目 選択科目
生涯学習概論、博物館学、視聴覚教育メディア論、教育学概論 文化史、美術史、考古学、民俗学、自然科学史、物理、化学、生物学、地学
※以上から2科目選択

※博物館学のみ筆記および口述。その他すべて筆記試験。

試験場所(平成23年度)

国立教育政策研究所  社会教育実践研究センター

合格倍率(平成22年度)

試験区分 申込者数 最終合格者数 合格倍率
試験認定
171人
63人
2.7倍
無試験認定
90人
41人
2.2倍
LEC【東京リーガルマインド】

資格取得のための最新情報が満載。各種資格取得、公務員を目指すならこちら!
www.lec-jp.com/

資格の大原

目指す公務員に合わせ、コース選択が出来るようにたくさんのコースをご用意!
www.o-hara.ac.jp

TAC

TACが提供する国家公務員コース。各校にて無料相談会実施中。
www.tac-school.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 公務員試験の対策ガイド※予備校や参考書ならコレ! All Rights Reserved.