独学のメリット・デメリット

公務員試験の対策ガイドRANKING

独学での勉強は費用を節約することができますが、かなりの努力・根気・計画性が必要となります。

公務員試験TOP > 独学

独学で公務員試験対策

公務員試験を受験する多くの方は予備校に通っていますが、比較的難易度の低い試験に関しては、独学でも合格することが可能です。

独学は予備校に比べてかなりの努力と根気が必要ですが、そのぶん予備校にはないメリットも多いので、自力で挑戦してみるのもひとつの方法です。

ただ、難易度の高い試験については、独学で合格するのは非常に難しいため、予備校への通学を検討した方が無難と言えるでしょう。

ここでは独学のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

独学のメリット

独学の最大のメリットは、費用を大幅に節約できるところです。

予備校の場合、平均30~40万円ほどの費用がかかってしまいますが、独学の場合、自分で参考書や問題集を一通りそろえても、4~5万円程度の出費でおさまります。

また、予備校ではあらかじめ決められたテキストが配布されますが、独学の場合、自分好みのテキストを選ぶことができます。

さらに、予備校では自動でカリキュラムが組まれますが、独学では自分のペースで学習計画を立てられるので、自分の苦手な分野だけを集中的に学習したり、勉強ペースを速めたりすることができます。

独学のデメリット

独学のデメリットは、相応の努力と根気が必要となるところです。

もちろん、予備校でも努力と根気は必要ですが、試験に関する情報収集やカリキュラムの組み立ては学校側が行ってくれるので、かなりの手間を省くことができます。

一方、独学は情報収集はもちろん、学習計画の組み立ても自分一人で行わなければならないので、試験勉強を開始するまでにつまずきやすい傾向にあります。

また、独学は孤独になりやすいため、モチベーションを維持するのが難しく、計画性や集中力のない人は挫折しやすいところも難点です。

LEC【東京リーガルマインド】

資格取得のための最新情報が満載。各種資格取得、公務員を目指すならこちら!
www.lec-jp.com/

資格の大原

目指す公務員に合わせ、コース選択が出来るようにたくさんのコースをご用意!
www.o-hara.ac.jp

TAC

TACが提供する国家公務員コース。各校にて無料相談会実施中。
www.tac-school.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 公務員試験の対策ガイド※予備校や参考書ならコレ! All Rights Reserved.