公務員の魅力とメリット

公務員試験の対策ガイドRANKING

公務員になると、安定した地位と給与のほか、充実の福利厚生サービスを活用することができます。

公務員試験TOP > 魅力とメリット

公務員になるメリット

不況が長引く現在、立場が安定している公務員は魅力ある職業のひとつに数えられています。

ここでは、公務員の主なメリットをいくつか紹介します。

メリット1.安定している

民間企業の場合、正社員といえどその地位は不安定で、会社の業績によってはリストラの対象となる可能性も少なくありません。

その点、公務員はよほどのことがない限り、解雇される心配はなく、安定した地位を築くことができます。

また、民間企業のように倒産の危険性もなく、定年になるまで継続して働ける上、60歳を超えても希望すれば再任用職員として働くことも可能です。

メリット2.魅力的な給与

公務員の給与はバブル期には薄給と言われていましたが、不況が長引く現代、民間企業よりも魅力的な給与体系となっています。

実際の給与は職種によって異なりますが、地方公務員では年収700万円ほど、国家公務員では年収650万円程度が平均となっています。

対するサラリーマンの平均年収は500万円前後なので、1.2~1.5倍ほど多い計算となります。

また、給与が景気に左右されず、賞与も安定供給されるところが大きな魅力となっています。

メリット3.福利厚生の充実

民間企業の場合、企業によって福利厚生の有無が異なりますが、公務員は法律で定められた共済組合に加入することができます。

共済制度には短期給付事業と長期給付事業の2種類があり、短期給付事業では、組合員および家族の病気や休業にともなう出費を保障してもらえます。

一方、長期給付事業とは年金制度のことで、国民年金と共済年金にそれぞれ加入する仕組みになっています。

そのため、年金が多くもらえるほか、本人が死亡した際に遺族に対して一時金が支給されるなど、もしもの場合の保障が充実しています。

メリット4.女性がはたらきやすい

近年は昔に比べて女性の社会進出が増えましたが、女性が働きやすい環境を整えている企業はごく少数です。

特に女性ならではの妊娠・出産に対するサポート体制はまだまだ不足しており、妊娠・出産した女性は退職という風潮をもつ企業は決してめずらしくありません。

その点、公務員は産前6週間および産後8週間の産休をとれるほか、育休は子供が満3歳になるまで利用することができるため、妊娠・出産にともなう不利が発生しにくく、大半の女性が職場復帰できる環境が整っています。

LEC【東京リーガルマインド】

資格取得のための最新情報が満載。各種資格取得、公務員を目指すならこちら!
www.lec-jp.com/

資格の大原

目指す公務員に合わせ、コース選択が出来るようにたくさんのコースをご用意!
www.o-hara.ac.jp

TAC

TACが提供する国家公務員コース。各校にて無料相談会実施中。
www.tac-school.co.jp/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 公務員試験の対策ガイド※予備校や参考書ならコレ! All Rights Reserved.